共働き夫婦が見直すべき家事の効率化

家事の効率化が決め手!見直しの共働き夫婦

一緒にいる配分

ダラダラしていると、お掃除ロボットがテキパキ掃除作業を進めて、愛おしい。
お掃除ロボットはエクセレントでクレーバー。
愚痴すら聞こえてこないし。
優雅に過ごしている気分にもなります。
家事分担で自分で掃除機をかけることを考えればよっぽどキレイ。
時短と効率の両方をゲットです。
初期投資に少し予算オーバー気味でも、メリット大です。
家事労働を極力抑える効果は、絶大です。
ケンカの要因も減ってくれるのなら有難いし、家事分担で揉めて益々時間が消費されてしまうのも勿体無いことです。
仕事が忙しくなって、家事のことまで気が回らなくなる状態では、気持ちが落ち着かず、ストレスの元です。
だったら、ロボットや家電製品の進化をもっと期待してしまいます。
そのおかげで共稼ぎでも、厄介な打ち合わせ時間と労力をプラスすることばかりではなく、家事時間のマイナスすることもできます。
自分の時間をかけなくていい役立たずの家事提案も、家事時間のマイナスすることに役立ちます。
最新家電製品の掃除機の性能が良くなれば、一部屋分の掃除機をかける家事時間も時短してマイナスでき、そしてかなりキレイにもなります。
自分は省エネモードの家事を実践できます。
それをお掃除ロボットに任せることができれば、さらに家事時間も時短してマイナスできます。
その時間を他の家事に費やすかどうかは自分次第で、ストレスになりません。
共働きで大変なのは育児の分担です。
保育園の送迎にしても、仕事との両立は時間との戦いです。
男性と女性と、帰宅時間の設定の違いに腹を立てても問題は解決しそうにありません。

ほどほど感から花を撮る

育ててきた花の蕾がついて、これから花開く時を息をのんで待つ。 花の写真は、少し薄日に撮ればくっきり美しく撮れます。 花の影ができる青天の日よりいいかも。 撮ろうと思う、手塩にかけた花にピントを合わせたら、背景から浮き出たように見えて。 ベストショットはSNS映えします。

TOPへ戻る